馬頭観音2

東側空地の石造物と馬頭観音.jpg
馬頭観世音菩薩.jpg
楷書で力強く彫られている.jpg
種子 梵字(ウーン).jpg
この面には銘はありません.jpg
正面から左面.jpg

タイトル (Title)

馬頭観音2

詳細 (Description)

 清水観音堂の敷地内東側に背の高い馬頭観音がまつられています。
 東大和市内で2番目に背丈の高い馬頭様です。
 すっきりした立ち姿が道路側から直接見えないのが残念です。
 一度、堂の正面を通り抜けて、東側の空地に出ます。
 抜きん出て背が高いので、すぐ目に付きます。
 石橋供養塔、庚申塔と並んで一番左側にまつられています。
 正面上に梵字の種子(ウーン)
 続いて「馬頭観世音菩薩」と
 いつの間にか身を正すように楷書の文字が彫られています。
 高さ184㌢
 幅36㌢
 奥行き21.5センチ
 建立された年代や村の名前を探します。
 正面から右面、多くの場合、年号や村の名が刻まれています。
 正面から左面を探します。
 何らかの彫りがあるようにも見えますが、確認できません。
  ガッチリした特徴ある碑です。
 どこかに必要な事柄は彫られているものと考え、今後も調査を続けます。
 古文書に建立の記録が残されていないか調べていますが、不明です。
 建立されていた場所はどこか?
 村山貯水池に沈んだ区域から移ってきたのか、
 あるいは街道筋か、生活道の交差部か、
 古老に確かめていますが、明らかではありません。

Item Relations

This item has no relations.

Citation

“馬頭観音2,” 東大和デジタルアーカイブ, accessed 2023年1月29日, https://higashiyamatoarchive.net/omeka/index.php/items/show/1562.