享保9年(1724)六十六部供養塔 清水観音堂前

大乗妙典六十六部日本廻国供養塔.jpg
清水観音堂道路側の碑.jpg
正面.jpg
碑の一部文字の状況.jpg
右側面.jpg

タイトル (Title)

享保9年(1724)六十六部供養塔 清水観音堂前

詳細 (Description)

 清水観音堂の道路側に重厚な塔がまつられています。名前が長い、
 大乗妙典六十六部日本廻国供養塔(だいじょうみょうてんろくじゅうろくぶ)です。
道路側に四つの碑があります。その中で、ただ一つ、蓋を付けている碑です。
正面
 全面に文字が彫られています。
文字は光線が斜めに当たる時刻に比較的良く読めます。
       施主 清水村
       武州多摩郡清水村
             俗名者 野口助三郎
 法 享保九年甲辰稔十月吉祥日
仏  奉納大乗妙典日本回国六十六部供養塔
 僧
             法名者 本願了誓
  導師野口村金剛山正福寺禅寺現住安児守穏代
         近辺村中男女助援衆
 建立 
・享保9年(1724)
・施主は清水村で、
・野口助三郎が
・正福寺(東村山市)の住職の主導のもとに
・近所の村の村人の援助を得て
 建てられたことがわかります。
 方法は
・大乗妙典(妙法蓮華経)を持って
・村や周辺の村々、自分や身内を含め
・天候安定、農作物豊作、健康、・・・、天下太平、国土安穏を願って
・当時の日本全国(六十六国)を
・廻って祈願して
・無事、成就した。
 とするものです。
左・右面
 蓮の花が浮き彫りになっています。
 文字は彫られていません。
 塔身高 90㌢
 幅 34×25㌢
 東大和市内には9基の六十六部供養塔が残されています。
 享保年代4、宝暦1、明和1、天明1、天保1、年代不明1で、多くが1700年代の建立です。

Item Relations

This item has no relations.

Citation

“享保9年(1724)六十六部供養塔 清水観音堂前,” 東大和デジタルアーカイブ, accessed 2023年1月29日, https://higashiyamatoarchive.net/omeka/index.php/items/show/1564.