略年譜 大正時代

略年譜大正時代.jpg

タイトル (Title)

略年譜 大正時代

詳細 (Description)

・1912年(大正元年・明治45年)7月30日、大正と改元。
・1913年(大正2)9月7日、村山貯水池建設について内閣の認可。
・大正2年度~大正8年度(1913~1919)東京市上水道拡張計画が決定された。
・1913年(大正2)12月14日、村山軽便鉄道敷設免許下付を内閣総理大臣に申請。
・免許状が下付されたが、1915(大正4)年12月28日、川越鉄道に権利一切を譲渡、実現せず。
・1914年(大正3)1月10日、芋窪村蓮華寺境内に用地測量詰め所が設けられた。
 ・村山貯水池の用地買収はじまる。(324町歩160戸)
・1914年(大正3)1月20日、移転反対の住民大会。
・1915年(大正4)
 ・2月15日、村山貯水池用地買収価格発表、買収開始、反対運動はさらに続いた。
 ・2月28日、土地買収承諾書調印拒絶。
 ・高木村外五か村組合は、東京市の買収価格が当時の上地売買価格の半額にも達せず、
 ・東京市に問い合わせた。
 ・要領を得ないので、土地買収の承諾書に調印を拒絶することとした。
 ◎その後、何らかの要因で、急速に事情が変わり、用地買収に応じ、
 ・12月、村山貯水池敷地内の住民が移動を開始した。
・1916年(大正5)6月4日、村山貯水池建設地鎮祭が行われる。
・1917年(大正6)、実業補習学校設立。
・1918年(大正7)8月、米騒動が全国に及ぶ
・8月13日、日比谷公園に人々が集まり、1500名に達し、暴徒となって、日本橋や深川方面に向かい離合集散を繰り返した。
 ・この暴動は15日迄続き、遂に近衛師団の出動となった。(『東京百年史』四p970~980)
 ◎高木他五か村組合村では米の
 ・廉売、 8月21日、10月1日、11月1日、11月11日、12月22日
 ・実費販売、 10月6、25、11月1、11、21、12月1、16日を行った。
 ・財源 御下賜金378円78銭  東京府45円50銭
 ・組合村の借入金5000円
 ・対象になった米 外米、朝鮮米
・1918年(大正7)、小学校児童増に、二部授業を開始(『東大和市学校教育のあゆみ』p38)
・1919年(大正8)2月 25日、村議会で「各村」を合併し「高木村他五ヵ村組合」との二重行政の解消を議決。
 ・「狭山村 高木村 清水村 奈良橋村 蔵敷村 芋窪村ノ六ケ村ヲ合併シ
 ・新ニ一村ヲ設置センコトヲ其ノ筋ニ請願スルモノトス
 ・但、現在ニ於ケル各村ノ名称ハ其ノ区域ト共ニ大字トシテ存置シ 
 ・各村有ノ財産ハ其ノ大字有財産トシテ存置スベク
 ・又 現在組合ノ財産ハ新ニ設置スペキ村有財産トナスモノトス」
・1919年(大正8)8月7日、東京府から、組合村を廃し、「大和村」とすることに異存がないかの諮問あり
・1919年(大正8)8月15日、村議会は異議のない旨答申。
・1919年(大正8)11月1日、大和村となる。(人口5.190人 戸数770戸)
 ・高木他五か村組合村を廃止し、
 ・芋窪村、蔵敷村、奈良橋村、高木村、狭山村、清水村の6ケ村を合併して
 ・「大和村」と命名
 ・大和村青年会成立  村制施行により各村の青年会を統合した。
 ・大和村教育会を設立
 ・子供達は弁当に薩摩芋持参
 ・メリケン粉袋でパンツや風呂敷をつくる
・1920年(大正9)6月20日、東村山駅~清水村間の東京市専用鉄道開通式。
  「宮鍋隧道」開通(軽便鉄道のトンネル)
・1920年(大正9)9月、第二村山小学校(奈良橋)を廃止し
 ・分教場として第一(芋窪)・第三村山小学校(狭山)高等科児童を収容。
 ・理由は児童の増加。本来なら学校の増改築をすべきであるのに、
 ・財政上それができないので、通学区の変更、児童の割り振りで処理をした。
・1920年(大正9)10月1日、第一回国勢調査。
・世帯892 人口 5,017 男 2,452 女 2,565 一世帯当たり人口5.62
・1921年(大正10)年8月、芋窪村尾又高次郎、小槫惣八が「村山乗合自動車」を起こして、試運転開始。
 ・昭和初年まで続き、西武に売却されたとする。『東大和のよもやまばなし』p91~92
・1922年(大正11)6月14日、立川村に飛行場が開設され、岐阜県各務原から陸軍航空第五大隊が移駐してきた。
・1922年(大正11)、貯水池移転によって、慶性院が現在地へ移転した。
・1922年(大正11)、蔵敷高札場が都の文化財に指定された。
・1923年(大正12)3月、大和村で村騒動がおこり、職務管掌の状態となった。
 ・村長に東京府から派遣される他の村の人を迎えた。
 ・村長擁護派と排斥派が対立し、村を二分する争いになった。(『大和町史』p435)
・1923年(大正12)9月1日、関東大震災。
 大和村では罹災した家や死傷・行方不明者はなし。
・1923年(大正12)9月13日、御霊神社を狭山神社に合祀(『東大和市史資料編』2p99)
・1923年(大正12)12月29日、貯水池周囲道路完成
・1924年(大正13)3月31日、村山上貯水池完成。
・1925年(大正14)10月、
 ・第2回国勢調査 919世帯 人口5048 男2447 女2601 一世帯当たり人員5.49
・1926年(大正15)6月、大正十五年竣功銘の刻まれた橋柱(滝見橋)がある。
・1926年(大正15)9月13日、村山尋常高等小学校を大和尋常高等小学校と改称。
 ・普通教室9、理科室、裁縫室(兼作法室)を増築した。
 ・増築費には、村有財産の売り払い代金を充てるが、
 ・10年間に住民が負担する税で、償還補填することとしている。
 ・これらの負担が、次の昭和恐慌と重なって、村は悲惨な状況になる。
・1926年(大正15)12月25日、
 ・大正天皇の崩御により、皇太子裕仁親王が皇位を継承して、
 ・即日「昭和」と改元。

Item Relations

This item has no relations.

Collection

Citation

“略年譜 大正時代,” 東大和デジタルアーカイブ, accessed 2024年7月18日, https://higashiyamatoarchive.net/omeka/index.php/items/show/1786.